0

イラスト 描かないかい?

iPadで イラスト 描いてみないかい!?



私は 絵を描くのに iPadを使っています  (指紋だらけ 汚い写真で すみませんTvT)//

液タブ (液晶タブレット) という 高価なイラスト用のタブレット買う必要なし

それなら Apple の iPad を使った方が イラストだけでなく いろいろ アプリで楽しめる

上部 画面左に ある 赤い棒

これ タブレット用の スタイラスペン(要するにタブレット用のペンですょぅ^^)//

これが ひどいのが 現状 なんと

たいていは 替えのペン軸 という 鉛筆の芯みたいのを すこし描くごとに 消耗されて交換の必要あり

メーカーさん ひどいシステム作ったなぁ TvT)//// 減るごとに交換するために購入する必要がありました


でもでも

でもですよ なんと ペン軸のいらない スタイラスペンというのが あるのです。

それは さらに・・・

しかも 電源が 電池式で 充電池を使えば

充電中に 待つ必要なく 延々と ペン軸の消耗 気にする必要ないのです。

ペン軸が プラスチック製で ペン軸の 交換不要 ストレス減った。^^

Amazonさんで 数千円 (¥3,000 〜 ¥5,000)くらいで 並んでますので 検索してね。


最強の イラストツール 液晶ペンタブレットッ!。


さぁ、ここからは 最近 イラストの質が 良くなってきた 僕の大きな理由。

デジタルイラストレーション ライフに

液タブを 使うようになったからなんですね アフィリとか ないので ご安心を

僕が選んだ 液タブは なんと 21.5インチ 大画面

これが なんと 4万円〜5万円代 前後で 買えてしまうのが 最近の デジイラストの 近況。

しかし 写真では イラストアプリを 開いていないので わかりづらいでしょうが

アプリの 筆ペン設定等の スペースで 

液晶画面の場所とられるのですが(実際に 描ける部分は少し減る)

それでも それでも 全然 比較にならない 快適さ、だけでなく 絵に 良い影響を与えます。

iPadなど タブレットを 持っているのなら そこから入るのもよし

使い倒して 満足できなくなったら 液タブが 買い時?! 僕はそうでした



下の写真は 液タブに クリップスタジオ という アプリで 描画中の 画像です。

写真 下部に 削っていない 鉛筆が あるので

画面サイズの 大きさのほどがわかるかと思います。

液タブ全般の機能らしいですが、

手をモニタに添えても ペンだけに反応する 設定があるようです。私のは初めから 設定されていたようで びっくりしました。

液タブの ペンに 電力は不要ですが 替え芯、これが 結構悪くない

買った時に 替え芯8本ついてきました、半年くらい 毎日のように 頻繁に使っても

まだ 替え芯使うまで 1本も使ってません。付属のだけですょ。これは嬉しい誤算でした。^^)/



基本パソコン(Windows or Mac)に繋いで 使うのですが、それと

液タブ、 モニタサイズが iPadに近いものから 今回僕が手にした 21.5インチ

実用的な値段でなければ 30インチ代のものもありますが10万円超えると 思いましたよ。

価格と サイズ等 合わせて これが最適でした。

あとは イラストアプリを WINDOWS or Mac にインストールする必要があります。

SAI(win専)とか クリップスタジオ などなど。です。はいッ。

みんなッ!。 絵を描こうぜッ。^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です