青春の輝き
0

ポエムと共に描いた絵「青春の輝き」

絵を描こうとしても描けない時がある

詩を描こうとしても同じ事がある

音楽もまた同じ なのかもね。

もう絵なんて描けない、そう思い始めた時に
こうしたい、
わきあがってくる時がある

ギターがもう弾けないかもしれない
ハーモニカの旋律が浮かばない。


やはり創造性というのは
生きる
生きる

生きようとしたときに うまれてくるのではないだろうか

こうしたい、
自然にギターを抱える
わけもなくペンを走らせる。

生きることに理由はいらないだろうが
情熱
それが生きている証なのではないだろうか。

そんな想いを絵にしてみた。

はずかしいがモデルはわたしである。
「青春の輝き」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください