詩「オオカミ」
0

詩「オオカミ」

詩「オオカミ」

「オオカミ」

空を 見上げて 見た
オオカミならば 吠えただろうか

ぼくは ハングリーでは なくなった

飢えた 一匹オオカミは 常に ハングリー

ぼくは もう 一人ではない
オオカミの ようにも 生きられない いま

確かに感じる 事がある

街の風が 冷たくは ないということ
やさしい 風が 吹くとき

人は 人の ぬくもりを知る

飢えた オオカミよ

悪くないぜ

愛ってやつも・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください