詩「スタンダード」
0

詩「スタンダード」

詩「スタンダード」

「スタンダード」

音楽でも 絵でも 常にあり続ける

クラシックとスタンダード
ニュアンスは似ているはずだ

皆自分のスタンダードを持っている
いざというときに 普段の 暮らしが露呈する

ラヴ・ソング も お約束の
スタンダードミュージックだろう、バラッドも然り

漫画「拳児」より こんな言葉がある
千の技を 持つ者を 恐るより
ひとつの技に 熟達した者を恐れよ

何が言いたいかって?

これが僕の心の中の

スタンダードであるという事だよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください