詩「スターライトソング」
0

詩「スターライトソング」

詩「スターライトソング」

「スターライトソング」

星が 歌っている
僕らを 見つめながら

月明かり さしこむ 午前1時
深夜放送 ラジオ 合わせ

流れる クラシックに 心を ゆだねてみた

相変わらずに 星は 輝いていた

星と月の関係性について
なんて こむずかし 事 考えたりしながら

眠れぬ夜に ラジオ止めて 目を瞑る

星が 月が 歌っていた 子守唄のように

スターライトソング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください