詩-行き先のない手紙(詩)
0

詩「行き先のない手紙(詩)」

行き先のない手紙(詩)

「行き先のない手紙(詩)」

久しぶりに 詩を書こうと思う

誰に宛てるわけでもなく

ただ 詩を並べるのだ

空はただただ 闇の中

こんな夜にはやはり 尾崎を聴く

寂しさを 優しく包むように

彼の歌が 心に 響く

久しぶりに  詩を書こうと

気がつけば もう 眠気が走る

尾崎の歌を聴きながら

空に向かって 詩を 走らせる

あの日の尾崎のように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください