詩と絵のクロスアート、音楽もね!!詩のみもあるでよ^^)/ クリックでTOPに←

指揮の世界2
0

指揮の世界

指揮者は大きな海を泳ぐ 航海のように

船のように・・・舵を取る船長さん

指揮者がタクトを降るのは、面舵握る船長のこと

指揮者は帆を貼り 針路を指示する

荒波に飲まれそうな時も

指揮者が船首をコントロールするかの如く

面舵一杯、シケがくる、悪天候も何のその。。。

ただひたすら 海を 超えて行く。

船員たち一眼となり 海の旋律 紡いでいく

その先には 荒波 超えた先にある

おだやかな 子守唄のような 木漏れ日 のメロディが聴こえるという

これを一度聴いてしまうと

オーケストラたちは 海に取り憑かれた 船人のように

ただ ひたすら 音楽に励むという。

それを導くのがそう・・・指揮の世界

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です