詩と絵のクロスアート

栄光のバスケットボール
0

栄光のバスケットボール

青春だった 今も輝く 栄光のバスケットボール

汗と涙 筋書きなき 日々を綴った 物語のような バスケットボール

勉強ほどほど 部活に 精出す あの日の 青春よ

戻る事のない 学生時代 もう卒業か

キャプテン ありがとう

決勝最後のシュート 逆転 決められなかった 涙と共に 幕をおろしたね

青春のバスケ

恋愛 する暇も バスケに捧げていたから 恋人もできずに

友と過ごした日々忘れない

スポンサーリンク

暑かったよな 夏の コート

走り抜いたよね 青春の ホットロード 今も 昨日のことのように・・・

熱い 野郎ばかりの 色気なき 部室

意見合わず ぶつかり合った ね!思い出すよ みんな譲れずに・・・

さあ、俺ら後輩に花道譲り 卒業式。

俺ら輝いてた バスケという 舞台の上で 恥じることはない

さあ、胸をって 降りていこう

青春という 栄光のバスケットボールを・・・。輝いていた日々 ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です