0

トワイライトに染めて

夕暮れ時 帰りのチャイムがなる

少し遅れた 下校に 夕日が 赤みを帯びて 少し大人びて見える

半分大人の 女学生

はかどる 勉学 よろしいね

人生勉学のみにあらず 今はわからぬ 優等生に

人生のトワイライト 訪れるだろう

今日も明日も 帰り道 夕日が照らす

登下校に 終わりがあるのならば チャイムは いつの日か、

チャペルの鐘に 鳴り響くだろう 祝福・祝福・祝福の時

悲しみ知らぬまま 生きていけたなら・・・それは祝福?

恋、愛のきびしさ いずれ わかるだろう

人生 勉学のみにあらず 恋愛 いつの日か 成就する事 願い

生きる意味を 求める 自我目覚める 若者達

悲しみの 夕日が 黄昏れる 人生の帰路

愛も恋も知り 人生の 苦しみ 悲しみ そして本当の喜び

届かぬ想い 叶わぬ 願い すべて忘れて

少年の心へと 帰りゆく 壮年の 暮れ時に

愛に気付くだろう それは 少年の思い出だと

いつの日か 気付くだろう それが それこそが 生きる証 愛だと

いつでも帰っておいでと 母のような

人生に・・・トワイライトに染めて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください