詩と絵のクロスアート

0

詩説「桜の木の下」

スポンサーリンク

桜の木の下」詩説

別れ いつの日も
別れたくない のに

出会った ばかりの 頃ばかり 輝く
悲しくなんてないよ
精一杯に嘘をついて 君は笑ったね

ありふれし その 笑顔の別れが
涙に できたなら

さよならのない さよなら に
手を振る君がいるから

桜チル 春の風に ぼくら
夢を見ていたように

さめゆく 夢の後に見る
嘘のない思い出たち

精一杯に嘘をついてぼくも笑うよ
たった一度の出会いに

ボクら 照れて 笑い合った

別れ いつの日も

あの日の 桜に 誓うよ
精一杯に 嘘のない 手を振るから

君も 嘘のない さよならで
手を振ってほしい

別れが 新たな 出会いになる

桜 いくども 咲く ように
精一杯の 涙と笑顔で いうよね

あの 桜の木の下で

笑顔で手を振りながら