詩と絵のクロスアート

0

ブラック・ウェディング

いま 花嫁が バージンロード 歩く

小さな教会

さあ、婿殿のもと にと 一歩ずつ 歩いてゆく

小さな ウェディング 小さな 結婚式に 友達 かけつけたよ

この国は 内戦が 激化して 教会の鐘を鳴らすのも 難しい

苦しい生活の中

みんなが祝福してくれるという 花嫁は こんな時に わたしだけ ウェディングなんて

と 断ろうとしていた

友たちは言う こんな時だから 明るい お祝いがあった方がみんなのためになるんだよ

スポンサーリンク

ホワイトドレス 用意できなくて ごめんね

こんなに くすんだ ナチュラル ブラックドレスだね

でもいいの 戦火に残った 小さな ドレス ストア から拝借した 弾幕の果てに汚れたドレス

洗うことさえできない 戦時下に 小さな ウェディングが 幕を開ける

夫婦の誓いを たてる二人に 指輪はない

友が 神父になって 伝える

汝 病める時も健やかなる時も・・・・・・・・誓いますか?

二人はいう そしてみんなで 合唱するように 誓います>。誓います>誓います。

二人は 口付けをかわし

友たちは 指笛を鳴らし 拍手喝采 喝采 大喜びに 包まれて

ウェディングケーキのない ささやかな 結婚式が 花を添える ドレスはそう

ブラックウェディング。