詩と絵のクロスアート

0

赤リボン

彼女は リボンが好きだった

赤リボンが 似合ってたね ^^)//

君は か細く どこか 壊れそうな ガラス細工のように

抱きしめる その 美しい黒髪も

赤いリボンとともに 流れる涙

君は恋していた、そう二人で ぼくと

病弱で 流行病にかかっていた君は 生きる希望を 失いかけ

ボクとの別れを望んだね それが嘘だと ボクには分かっていたけど

スポンサーリンク

君は病を乗り越え

いま 二人 歩く 人生を かみしめ いつまでも 君といつまでも

あの日の 帽子 クローゼットに しまったまま

また 二人 初恋に戻ろうか あの日に戻って

君の 赤リボン が また 美しく 輝くように風に揺れていた。