スポンサーリンク
0

吸血鬼

「君は吸血鬼伝説を信じるかい?」 「いや、なんだい急に。」

「わたしは 吸血鬼一族の末裔 だと言ったらどうする。」 「へ?まさか、でも。」

「何も 血を吸おうって わけじゃない 我々が生き残るには 人間から血を得ない必要があったというわけだ」

「でもなんで 僕に話してくれたんですか?」

「少し事情があってね 君は吸血鬼になりたくはないかい?」 「えぇ。そりゃ嫌ですよ。」 

「そうかぃ、残念だなぁ」

スポンサーリンク

「我々には救世主が必要なんだょ バンパイアハンターと対峙できるほどの 力をそなえた 新しいバンパイア、ネオバンパイア とでも言おうか。」

「まさか、それに僕がなれと?」 「君には資質があると見込んでいる」 「僕にメリットはあるわけかい そのネオなんたらになったら」

「バンパイアキングの地位と名誉、富と色欲の開放 そし・・」「色欲の解放ってなんですか?ハァハァ」

「女が欲しいのかね? 女に困ることは永遠になくなる すべての 欲求の解消が実現する」「やりますよ」

「君即答だね」・・・(すまんな 飲み物に我らの 血液を混ぜさせてもらった)・・・(飲むと吸血鬼に近づくのだよ)

「でわ契約の儀礼、首をさらしたまえ」・・・アぁっッ・・・・・・「お目覚めですか?メシア(救世主)様!!」

スポンサーリンク