詩と絵のクロスアート

0

詩説 – 愛という花 –

スポンサーリンク

– 愛という花 – 詩説

想像と創造を繰り返し 人は未来へと近づく

悲しみと苦しみを繰り返し
人はまた過去のあやまちを 繰り返すのか?

愛情と愛憎の渦の中 人々は試される

その愛が本物なのか
その憎しみを越えられるのか?

あいつは言っていた
愛は全てを超える

あいつは知っていた
憎しみは愛に変わることがある

今日と明日の違いは何?

置かれた場所で咲きなさい というが

こんな腐敗した世界で
美しい花 咲くものか?

きっと咲く ドス黒い色した花かもしれない
それでも 咲かせて見せようホトトギス

さあ、僕らの 花が咲く
どんな色で どんな形を?

目を瞑ってみるんだ
心で咲く花が見えてくる

全ては 心で見るんだ

その花の名を 愛というのだよ。