詩と絵のクロスアート

0

詩説「だ・よ・ね!!」

スポンサーリンク

詩説「だ・よ・ね!!

歌いの人 歌う前に歌あり
描く人 描く前に 絵心ありて

僕は 思う ゆえに 煩う想いに

美しさとは 儚い空のよう
悲しみとは 悲しい海のよう

愛を語るに 愛失いて
夢を叶えるに 夢失いて

愛するに 愛叶えゆく 君の心に

僕は 思い煩う日々の中
夢が夢であるが故に

愛が愛であるために

僕らは信じている
夢叶うと 愛失いも

また愛するでしょう
そしてまた 夢見る少女でいる君に

サンタクロースが落とす 靴下の中は
いつだって 遊び心いっぱいに

僕らは サンタクロースが、

僕らは 愛とは、
僕らは リアルを知るたびに、

物質世界に 貼りつけられて
精神世界が 全てではないにしろ

子供心に 知る前一度しかない

少年の思い出を 歌う
悲しき道化師のように

踊るピエロのような
愚かしす

明日も僕らは ピエロだね

そう我ら 馬鹿な 道化師のソネット
明日も歌うでしょう

子供が大人になり
大人が 子供心を求めるから

僕らの心に サンタクロースが
叶いますようにと

靴下に入った
プレゼントは なんだっけ?

思い出すたびは続く

また来週の アニメのように
歯痒い幕切れに

思い出した
プレゼントの中身は・・・

だよね、そう、だよね

だ・よ・ね!!