詩と絵のクロスアート

0

詩説「Macintoshに捧ぐ詩」

スポンサーリンク

詩説「Macintoshに捧ぐ詩

眠れぬ夜に 詩をしたためる
何も見えぬ 空に
明日の希望を

先の見えぬ
未来を占うように

パソコンの電源を入れてみる

僕の暮らしの
大部分が
このパソコンという奴に

とって変わられている
いまの 僕の生活に

疑問を感じぬ自分が
少し怖く感じて

それでも
これからもよろしく PC
といったところか

今の時代
スマホか PCは 捨てきれぬ時代

ネットワークと呼ばれる
LAN の集合体が

僕らを オンライン へと導く

悲しいかな
詩を書くにも 絵を描くにも
コンピューターに依存している

きっと人類が
未来を見るのに
この IT と呼ばれる 化学技術に
頼らざるを得なくなっている

そんな 日記を書きながら
今日も またこの Macと呼ばれる
最高なコンピュータを
ドライアイと天秤にかけながら

起動する
さあ、夜明け前 朝を立ち上げろッ!

朝食を入力して
明日を 出力するのだ。

未来は近い
令和という OS のインストールは済んだね
未来が呼んでいる

いずれは 車も 空を飛びそうだ
今日も入力と出力を繰り返しながら

情報処理に追われる日々

歌おうよ
時には オフラインを 楽しむように
眠れぬ夜は君のせい

Macintosh に捧ぐ詩。