スポンサーリンク
0

遙かなる旅

はるか昔の 遙かなる旅

男は さすらう 終わりなき旅

街から街 船に船をつぎ

はるか昔の 遙かなる夢

男は 歌う 旅路に 寂しさ 身に染みる

仲間の別れ 別れ 出会う また 別れの 繰り返しの日々に

終わりを告げる時が 来るのならば・・・

・・・それは きっと

守るべき 何かに 出会った時だろう

守るべき何か・・・そう、愛するお前だよ

はるか昔に 生きた男

・・・そう 愛すべきは・・・

遙かなる旅。

スポンサーリンク

スポンサーリンク