スポンサーリンク
0

ボクサーの彼女

「俺の背中 つまらん夢に 付き合わすのも 疲れた」
俺から 身をひけ 由美ッ」

「いやよ、アタイを 必要じゃないの?」

「・・・」「・・・」「・・そうだ。」
次は ラストチャンス 負ければ 無一文だ」
お前には もっと 良い男たちが待ってる」・・・じゃぁ、俺は行くぜ」

スポンサーリンク

「待ってッ!!、私もいく どこまでも ついてく」アンタに嫌われても いい」
無一文でもかまわないッ! あなたが嫌がっても 勝手についてく」
アタイに アンタが必要なように アンタも私が 必要だって きっと気づくわ。」

アタイは 生まれた時から

いまも 昔も これからも アンタしか見えんのゃ
そうょ わたしは

ボクサーの彼女。

スポンサーリンク