スポンサーリンク
0

真夏のピアノ彼女

彼女をいまも 恋しく 思い出す

彼女は ピアノが得意で いつも 音楽室から 彼女の弾く 優しい音色が 心地よく 響いていた

彼女を忘れない

僕は あの子が好きだった 美しい 彼女のことを好きな男は めずらしくなかったね

スポンサーリンク

俺の親友の 彼女だったんだょな なんでも話せる 親友だったのに

これだけは 言えなかったょ あの子は もういない

立派なピアニストになるために 留学するんだとかで 外国にと旅立った

あの日 僕は言ったね「元気でね」また会おう。」

彼女は言った。「いくじなしねッ!本当のこと言ってほしかったわッ!」

そういうと彼女は 笑顔を見せて バスへと乗り込んだ

「私あなたが好きよッ!」窓から顔を出して言った

僕の頬から涙がこぼれていた

そんな彼女も 泣いていたね。

そう

真夏のピアノ彼女

スポンサーリンク