スポンサーリンク
0

サムライは盲目の詩

ここいらに めっぽう強い サムライが居ると聞いた

そこの目クラ しらねぇか?「いや、あっしは・・・」 

飲み屋の親父が続く・・・あいつは乱暴者で有名な 吾作。こんな所になんのようだかね?

少しばかり 剣の腕が立つとかで いい気になってんのさ

「こんガキ 俺の一張羅(いっちょうら) どうしてくれんだ・・・」ハハハッ新しい こん刀

いっちょぅ 試し斬りしてみるか・・・坊主そこの刀抜け。」

(これで大義名分は たつな 斬りかかってきた少年を、正当防衛いうヤツや。)

スポンサーリンク

ざわざわ・・・?

みんなが 怯える中 少年は震えている・・・「うわっガキが襲ってきたぞ?!(←嘘)」

応戦しねぇとな。そういうと少年の右腕に 吾作は斬りつけた。「キャ〜誰かぁ〜」

黙れ女。

次の瞬間 ひとりの男が吾作に近づき 抜刀した。

目にも止まらぬその刀捌きに 皆あぜんとしていた 吾作の刀はこっぱみじんに 割れていた

目クラが・・・そんなッ!噂のサムライ?!

そう言うと その目クラの サムライは鼻歌まじりに 去っていった

そう

サムライは盲目の詩。

スポンサーリンク