広告
0

『少年は 思い出箱』少年時代。

まえがき ^^^^^^^^^^^^^^

物書きが 私の仕事だ

今日は 少年時代を 懐かしく

物語の テーマに 思い出すように

筆を すすめる

^^^^^^^^^^ 少年 懐かしく・・・

少年の あの日を 思い出しながら 私はいま 原稿を 書き進めている

少年時代 友と 遊んだ リトルリーグ・ベースボール。

私は 決して 野球が上手くはなかった。

それでも あの日の 思い出が 今の私の心に どれだけ救われて

「ケビン、遅ぇなぁ!」「ゴメン。待っていま行く」「ははハハッ!!」それでさぁ」

スポンサーリンク

みんなも 一緒だよね どこかで あの夢の続きを 生きている

締め付ける 甘い思い出が もう 帰らない過去でも

いまを 生きる 自分の宝物だって 想像もつかなかった

息子とする キャッチボールも 少年のあの日を 重ねながら 時の流れの残酷さが

大人という 悲しみを歌う

「ねぇ?お父さん。」聞いてる?」

「ん?なんだい?少し考え事をしてたょうだ」

君をみて想い馳せるね そうだょ 友の声が心に響く

「(<ケビン、遅ぇなぁ!>)」

そう

少年は 思い出箱

🌟

あとがき ^^^^^^^^^^^^^

野球は いまだに 不得手だが

ベースボールが好きでね

あの日の 僕らを 思い出すように

息子を 呼んでみた

^^^^^ さぁ、プレイボール!!



広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク