広告
0

『ドラム彼女は 学園祭』

まえがき ^^^^^^^^^^^^

音楽を始めるのが遅かった僕は

学園祭の バンドに憧れる

そんな 思いが こういう話になる

できなかった僕の代わりにね ^^)/

^^^^^^^^^^ オン・ドラムス。

🌟

とうとう 学園祭当日 美沙子は バカ陽気 ごきげんルンルンだった

父親が 著名な ドラマーの娘。←こう呼ばれるのが 大嫌いだった。

親父殿に 頼らなくても 会場を 沸かせる自信が ある彼女

学園側と ドラムスを持ち込むことなどで ヒトモンチャク あったが

先生方は 美沙子の熱い想いに とうとう折れたらしい。

前バンドの演奏が 終わると 美沙子は 

スティックを効かせ スネアを舐めるように 小さく響かせ出した

スポンサーリンク

「あれ?美沙子じゃん」ドラム叩けんの?」会場からザワザワと 彼女に注目が注がれる

美沙子は 待ってましたかと 言わんばかりに 激しくドラムスを いじめ出した。

「すげぇ!!」パねぇなぁ、」

ピぃーー— ~~~~=ィぃ〜〜〜いぃ。指笛が鳴り出すと同時に

美沙子は 自分の持てる すべてを 思いのたけ 青春を スティックに乗せていた

彼女は鬼気迫る 表情で ドラムを叩き続ける

「汗びっしょりね。」なんかいぃなぁ^^)/ 美沙子ッ」 

そして 彼女はもう 何もかも忘れ ただドラムと遊んでいた。

壁に掲げられていた 学園祭のビラには こう書かれていた それは

そうさ

そう、

ドラム彼女は 学園祭。

あとがき ^^^^^^^^^^^^^^^

ドラムを叩いてみたい 僕だが

多分 騒音問題とか含め無理だろう

カッコ良いよね!この後、美沙子は どうなるか?

どこにでもいる女の子さ・・・。

^^^^^^^^ 続きはライブでね ^^)/



広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク