0

最後の戦い『銃声の証明』詩画の・・・

まえがき ^^^^^^^^^^^^

本当の争い

共に戦う そう VS

今日 2つに分かれた はずの

俺たちに 記念すべき日が

^^^^^^ この街は 変わるだろう


『銃声の証明』

今日も ニューヨークの夜は 荒れていた

銃が 歌う ギャングスタ 俺は 銃が嫌いだが 護身で持っている

そう言うと 左利きの リボルバーに 弾を 込め始めていた

今日は 抗争がある ウェストサイド VS イーストウッド あいつら気に入らねぇ

俺は 銃を撃った事が 一度もない こんな街では 珍しぃだろ?

今日は 初めて 引き金を弾く 許せないんだ この街を浄化するためには

道を歩けば 皆 殺気 立っている

「よう ケイト ご機嫌だな銃を持って」それとも何か? 銃がなきゃ喧嘩もできねぇってか?」

スポンサーリンク

「今日は特別な日だ。無礼も許そぅ」銃がなくても喧嘩くらいできるぜッ」よろしくビスケッ」

そう言うと 2人の 拳を重ね合わせた。

しばらくすると 本当の抗争が 始まろうとしていた

ウエスト と イースト。共に 結託し 新しいニューヨークを・・・そう

皆が 撃つべきは ビッグマフィア 死者も出るだろう。。。

そういうと俺は バカな平和主義の 父に 真似て 銃の弾丸が 全て 空砲であることを

仲間には 隠していた。それが俺の 本当の戦い・・・ 街を守るって事が その

俺なりの戦い方 そう たったひとつの 答え それが

そう

銃声の証明 だった。


あとがき ^^^^^^^^^^^^^

血で血を洗う争い

それでは 変わらぬ未来に

俺は命をかけて

最後の争いに 向かうために

^^^^^^^ 車を 走らせていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です