広告
0

『ヴァイオリンは絵画の如く』最高の音を求め!。

まえがき ^^^^^^^^^^^^^^^

人生に迷った 

ひとりの ヴァイオリニスト

彼は 答えを出せるのか。

^^^^^^^^^^^^ 試されしとき。


『ヴァイオリンは絵画の如く』

崇高に響く コンサートホール

ヴァイオリン ソロを弾く 彼の名は さいとう雅史。

彼の 異様なまでの ヴァイオリン へ の こだわりよう

つまりは 最高の演奏を 楽しむために それだけのために この世界的 コンサートホールを

かりきっている そう 聴くものも 弾くものも 自分以外に誰もいない

彼は 世界的 ソリストとしての道を 放棄したのちに 表舞台から 姿を消した

彼は 連日 コンサートホール を まわっている 最高な 演奏とは何か?

彼は 迷っていた。 何のために ヴァイオリンを 弾くのか。

そして 自分の人生に・・・

スポンサーリンク

彼をよく知る 音楽家たちは 口々に云う 雅史 は どうかしてるょ!

1日の殆どの時間を 音楽にさく 日々に 終わりを告げるべく 彼は 偶然 立ち寄った小さい国の

貧しい 民族の集まる 集落で 久しぶりに 合奏を楽しんでいた。

彼らの楽器は 壊れかけの ガットギターに 古ぼけた ハーモニカ そして 美しぃ歌声たち。

この日の さいとう は 稲妻に 心を 打たれたようだった と のちに語った。

いつから 音楽が 貴族たちの ステイタスに? これこそが 音楽。      だと。

彼はいう これこそが

そう

ヴァイオリンは絵画の如く。


あとがき ^^^^^^^^^^

音楽は 誰のものでもなぃ

みんなで まわる地球のように

迷える子羊たちの メロディ

迷えばいいさ その先にきっと

^^^^^^ が、待っているから!?

僕らの朗読シリーズに この作品が VOICE VOXで 命が吹き込みました。

→ こちらより ←



広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク