0

『サムライは仇討ちの果てに』 親友2人の話し

まえがき ^^^^^^^^^

いつの時代にも 世に生き辛い者ありて

刀が似合わぬ 名家の ふたりが

だした 答えは そう

聞いてご覧 始まるから

^^^^^^^^^^^^^^^^


サムライは仇討ちの果てに

代々受け継がれてきた 恨みつらみに 佐々木家と 村田家の 俺たち

「今日こそ 先々代々の恨み 果たすべし。」

お上に そう言われ 俺 佐々木小太郎 と 親友の村田長治 2人は 戸惑うばかり

俺に お前を斬れと言うのか?

俺たちゃ 侍には 合わねぇ!。 2人で 都(みやこ)さ はなれて 田舎さ 行がねぇか?

太助んとこに お爺ぃが 言ってたんだが 野良仕事 手伝って欲しいって

おいら達に 斬った 斬られたは あんまりだべさ。

そうだ・・・こぅしよぅ・・・うん・・うん・ バッチリだべ

互いに 一族の長たち へ、お侍に生まれたからには 佐々木家 村田家の 名を残すために

武者修行の旅に出る。止めてくれるなょ。そう告げると 一族の 重鎮たちは 喜んだという

「よく言ったな。小太郎 仇討ちに 行ってこいッ!。」「行って参りますッ。」

そういうと 2人は「落ち合い」おむすびを食べながら 笑い合ったなぁ。

そうさ おらたちに 都会は 似合わねぇだぁ。 これからは 侍に 時代が 合わねぇ

さぁ行こう 侍具は 質屋にいれ 旅に 急ぐ2人であった

そう こんな終わり方でも 良いかな?

そぅさ、

サムライは仇討ちの果てに


あとがき ^^^^^^^^^^^

2人はすでに 旅に出ていた。

彼らの未来に・・・きっとうまく行くさ

ふたりの親友は それぞれに 身を案じ

世をかばい合いながら 親交を深め続ける

気がつけば 田畑の・・・

^^^^^^ 笑顔で 溢れていたと言う!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です