広告
0

生きてて良かった!「僕たち カラヤンと 少年交響楽団。」

まえがき ^^^^^^

今日はみんなに 大きな 発表があります。

なんと なんと なんとね、、、

ハぁ、はぁ、ハハは、

先生も びっくりなんだけどね

カラヤン(僕のあだ名)みんな 聞いて 実は・・・

^^^^^ みんな 戸惑ってたっけ ^^)/


<「僕たち カラヤンと 少年交響楽団。」>

今日は 僕たちにとって 特別な日になった。

小さな 田舎町で 僕たち 道野(みちの)小学校の生徒たちで 立ち上がった 少年交響楽団。

いつ 演奏しても 誰一人 聴く リスナーはいない。

スポンサーリンク

僕たちに お声が かけてくれたのは なんと 世界的 指揮者 秋野ひろみち さん。

街の近辺に 瓦版の記事を たまたま 足を運んだ この 田舎宿街で 読んでくれたらしく、

先生に 連絡が来たのが あの 秋野さん だなんてッ!。 仰天ニュースとなったんだ。!!

何と 僕らを 東京で 交響楽団員さんたちと オケの演奏を しないか? だなんてね ^^)/

嬉しすぎて 頭がおかしくなりそうだった

言い忘れた 僕は 指揮者の 唐谷(からや)トオル。 からやん と みんなから呼ばれてる

打ち合わせは この 小さな 小学校の 体育館で 数回 あとは ぶっつけ本番。

なんと

聴きに来る 人たちは 指揮者 秋野さんの コンサート 会場で。

ラストに シークレットで行われる。

会場が 横断幕が降りると 大きな拍手で 秋野さんが 挨拶した。 みんなに 合図が来た。

さぁ 行くぞッ! 夢のなかに 歩き出すょね

そうさ

僕たち カラヤンと 少年交響楽団。


あとがき ^^^^^

あの日の事を 僕ら みんなで

語り草だよね って

みんな それぞれの道へと

からやん は

あの学校で 音楽教師に なったんだって

今日も からやん は

^^^^^ あの体育館で 指揮を振っている!。



広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク