0

思い出と!。 「サキソの メロディは 夜に鳴り止まない!。」

== まえがき ==

夜に降りる 月明かりのメロディ

彼は夜を歌うように 吹き続ける

いつだって 思い出は

いつだって 旋律 は、・

== 美しい思い出の 琴線!。


<「サキソの メロディは 夜に鳴り止まない!。」>

彼は サックスプレイヤー スランプ中の、、だ。 良いメロディラインが 浮かばない、。

少年時代を 思い浮かべるように サックスを 吹かす こんな夜に

静寂が 彼に 少年の旋律を 月明かりに 導かれるように 何もかも忘れ 作曲さえも、、。

この メロディ

そう この キーさえも 定かでない 美しい 旋律に 酔いしれながら 彼は サックスを歌う。

小さな スタジオで 懸命に吹く その旋律は、 五線譜にも おこさずに 録音さえ 我を忘れていた

彼は 少年になり 友と遊んだ 公園。 学校帰りに 寄った秘密基地 好きな女の子の名前

忘れていた 宝物のような 記憶、思い出を 歌っていた そうサックスを、、。

彼は 無意識のうちに こぼれ落ちる 涙が 忘れていた 我を 気づかせる。

さぁ、モゥ スランプは 脱したようだねッ!。

翌日からは 彼の 美しい旋律が 蘇るように ニューアルバムの 作成に取り掛かり始めていた

少年時代に そぅ いつだって、。 彼は・・。

彼の、。

サキソの メロディは 夜に鳴り止まない!。


== あとがき ==

あの日に見た記憶 そう

少年に 見えたはずの、。幻?

いつだって 僕らが 帰る所、。

それは そうさ ふるさと、

あの日の、。

== 少年にかえる旋律ッ!。==

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です