広告
0

永遠、それは、「かなしみの天才 病と共に哭く音色」

まえがき ==

病院にあるピアノを

少年は ただ弾き続ける

彼は 本当の天才なのだろぅ

哀しい音色が 病室を 響き渡る

==


<=「かなしみの天才 病と共に哭く音色」=>

この子か?」

「はい、もう 生まれてから10年を この滅菌室に 出られずに います」

そう言うと ピアニスト 世界屈指の音楽家 ノア・クローズは 噂を聞きつけ

少年の元へと 尋ねた。

恐ろしく ピアノに 長けた 少年が 誰に 訊かせるわけでもなく 美しい音色だけが

集中治療室から ジャングルの奥地のように 感情に 語りかける!。

なんてことだ・・・こんな子が いるなんて・・・はぁ。、。余命は 後半年と聞く、」

スポンサーリンク

彼の力になりたぃ」

そう クローズ氏は 彼の父に 語りかける。 

「よし 彼(しょうねん)と 話しても?」 えぇ 問題ありませんが、」

お気をつけて 彼は 自分の余命について 聞かされて おりませんので。

「ユキトくんかぃ?」・・・ おじさんは?」 そうだね 通りすがりの音楽好きだょ」

滅菌室には 多くの機材は 運べない!。 そうなると・・・

・・・。よし 主治医にも許可をもらった!」

数日後に 彼の 集中治療室には グランドピアノが 所狭しと 少年の手足を 待つように 佇む

これ、弾いていいの? 「そうさ、自由に弾きなさぃ 君のピアノだ!。」

彼は 張り詰めた 感情が爆発するょうに ピアノを愛していた

「生きたいッ!」 その想いが ひしひしと 伝わる、

ノア・クローズは この演奏に こう銘打った 数年後には 彼の演奏は CDになっていた!・

そぅ 彼のなまえは 、

<かなしみの天才 病と共に哭く音色>


あとがき ==

少年は この世をさった

彼の演奏は 後世に残す 名演として

評論家たちを 唸らせた。

あのグランドピアノは 弾くものを待つように

沈黙を続けている、== 終わりッ!?。



広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク