広告
0

親友泣かせの!・「ピアニストは 旋律を弔辞に捧ぐ」

まえがき ==

亡き友に捧げる 悲しみは

いつだって 頬を伝う

涙と 笑顔が あの日を歌う

ありがとう ゆっくり おやすみ

また 会おう あの日に 夢見た

名もない ピアニストに帰って ==


<「ピアニストは 旋律を弔辞に捧ぐ」>

中継です。

若くして 世界的ピアニストの サチコ・ルイスさんの 葬儀が 開かれています。

喪主は 同じく 若き天才指揮者 沖勇次さんが 御勤め されています。

献花には その名を轟かせた 音楽家たちが 参列 ならび

献奏には 亡き サチコさんの 幼い頃からの 親友 コンクールで 共に 競い合った

鈴木由紀子さんの 演奏に 包まれています。

献花が 進み 故人を 涙の花が 添えられていきます。

喪主である 旦那様より 一言

スポンサーリンク

最後に 別れを 親友の ゆきさんから 弔辞が欲しいと・・・

どうやら 予定外の リクエストの様です。

ピアニストの 鈴木由紀子さんの元に マイクが わたされます

何も迷わずに 彼女は ピアノと共に

あの日の 思い出 懐かしい 話題が 亡き 故人を 笑顔に 包み込む様です。

「最後にこの曲を、 ふたりで作った 最後の ピアノバラード」

その曲の名は・・・

そぅだょね!。

<ピアニストは 旋律を弔辞に捧ぐ>


あとがき ==

喪主は あの日の恋人

初恋みのり 手を繋ぐ愛に

何もわからぬ 我が子残す

不幸をお許しください

彼女が 弾いた ピアノが

優しく 部屋に佇んでいる。!・ ==



広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク