広告
0

店の名はそぅ、「サックスは いつだって Say itッ!!。」

== まえがき ==

Jazz好きには わかる

John. C の SAY it。

レコードに 針落とせば 聴こえてくるね

そぅさ、

== サックスは いつだってッ ==


<「サックスは いつだって Say itッ!!。」>

俺の名は タケル須藤。 サックス吹き。 そして 「喫茶 SAY it」の オーナーだ。

さぁ、レコードに 針を落とす。

お気に入りの Say it が 部屋中に 広がる。

しばらくすると Jazz 喫茶室の 我がバンド「SAY it!」の ドラムス担当 ヨシヤが ドアを開けた。

スポンサーリンク

今日は ゆっくりと

「バンドオリジナル の演奏を メインに しないか?」

昼下がりに ランチタイムを終え 黄昏時に はいろうとしていた。

サックスの音が 光る。 そして 3ピーススタイルに ピアノ、ドラムが 花を添えるね、。

酒が運ばれ みんな 宵の口、 ジャズ好きが 集まる 喫茶「SAY it!」に

とうとう いつもの ラスト バラード John. C「SAY it」が 始まろうとしていた

そう だから

レコードに 針を落とせば 聴こえてくる 音がある。

始まりは いつでも・・・ねッ。

そぅ、

<サックスは いつだって Say itッ!!。>


== あとがき ==

SAY it が 好きすぎて

自分の お店の名前にした 須藤タケル

彼の ジャズ喫茶では 毎日のルーティーン

開店、閉店 時間の それぞれに

いつも 針を 落として 聴こえてくるね

そぅだよね、。

== 最高なサックスバラードッ! ==



広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク