広告
0

いつだってッ!。「アートは 歌う I love you」

== まえがき ==

筆に魅了され 歌うアーティストたち

名もなき

彼らに 捧ぐ 我が アートに

歌う そぅさ

== I love you… ==


<「アートは 歌う I love you」>

筆をもつ この画家の名は 名もなき 画家のたまご。

腕は確かだがな、 筆をもつこと 数時間・・・ 筆を置けなかった

彼は 心に流れる 音に 筆を進めるのが 作品性だった。

音符が 見えてくると 彼は 一斉に 筆を 踊らせていく・・・

スポンサーリンク

ラジオを 周波数に いつもの 局を 合わせ 一期一会に 流れる その曲に

彼は 聴き入っていた、。

ジャパニーズ・ラブソング。 最高なメロディ 愛すべきものすべてに 歌は ラジオを 響く

彼は 西洋人。

言葉は わからぬ その 日本語の 歌に耳をすませ 聴き入っていた

なんて 切ないメロディだろうか。

今だけは 哀しい歌・・・ 聴きたくない・・そんな気持ちになっていた・

そんな

聴力を 原動力にかえ 彼は 一気に筆を 一心不乱に これでもかと カンバスに塗りたくった

そうさ

これこそ アート これこそ・・・ 今だけは・・・

そぅさ、 いつだって、

叶えるッ!。

<アートは 歌う I love you>


== あとがき ==

旋律を 筆跡にかえ

アートは 走り出した

彼は 完成せし その カンバスに

こう名付けたという

==「アートは 歌う I love you」==



広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク