0

人生賭けた「コンサートは 彼岸花 咲く頃に」

== まえがき ==

人生は荒波の連続、

誰しも 自分に 問い続ける

生きてるって?なに!。

答えなど ありもしない

== ただ 風に吹かれて ==


<「コンサートは 彼岸花 咲く頃に」>

彼の名前は 薔薇の貴公子。あの日を 振り返る、、、。そぅ 伝説の ラストコンサート

ピアニストの世界で すべてを手にした 薔薇の貴公子、タケル須藤。

キャリア絶頂期に 稀に見る 心臓の難病に罹り 全てに 絶望した彼ッ・・・

街ゆく人々からは 彼の記憶が、、薄れ・・ 1年、、また1年と過ぎゆく、。

・・・彼は・・・いま・・・病室で 静かに ピアノを 奏でている、 とうとう来る日が、来た。

医者からは 余命宣告、 半年と、、。聞かされ モゥ 一度だけ コンサートを・・・切望した

彼は 賭けに出た。

心臓に負担をかけ過ぎると 即 死と 隣り合わせ、 彼は 人生最後の コンサートを 展く。

事情を知る その重鎮たちは 彼に 最高の環境と

世界 最高峰のコンサートホール 高波(TAKANAMI)コンサートホール を 即答で用意することを告げた

・・彼は・・・もぅ居ない・・、

大成功を収めた その コンサートは 世界で同時に ライヴ配信されていた。

彼に 尊敬とリスペクトを 捧げる ピアニスト達は 彼の墓に 花をたむけながら

こんな事が 言われるようになった そぅ 迷信のように・・・ 彼のピアノと

そぅッ!。

コンサートは 彼岸花 咲く頃に


== あとがき ==

彼は 病室で 数えきれぬ 名譜を残し

全ての 利益を

難病の治療に 苦しむ 患者達に 贈ったと言う。

彼の墓跡には こんな 言葉で こぅ 刻まれていた

== 愛と夢は 少年の 思い出ッ!。 == 須藤タケル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です