0

伝説!!の。「学園祭は 未来のロックバンド」

== まえがき ==

忘れていた フィルムが・・・・

クローゼットに

寂しげな ホコリを 被りながら

あの日の 俺たちを 映し出す

そぅ、

== 何もなかった あの日の 俺たち ==


<「学園祭は 未来のロックバンド」>

伝説となった 若者たち ロックバンド「疾風(HAYATE)」 の

メンバーのひとり ボーカル の 和博(カズ)

彼はイマ バンドの始まりに 思い出すように リビングの モニター を

懐かしむょうに 微笑んでいる

金もなく 腕も まだまだ。 だけど 音楽の想いだけは サイコーなロックバンドだった

「ハハハッ」みろょ 

タカシが ドラム 超 下手くそでょぅッ!。 今じゃ 日本代表する ドラマーだってな」

カズの隣には 学園祭を 俺たちに もちかけた 生徒会長だった 美奈子が 俺の 妻として、

そして 母として 親子で過去を 眺めているね。 「パパぁッ?」 ・・・そぅだよ ^^)/ パパだッ。

「ええ~!!」 学園祭の 大トリを任された 伝説のロックバンド 疾風(ハヤテ)です。」

((ハハはッ もぅ伝説かょ カズぅ^^)/ でも 頑張れー!!。))会場の 生徒たちは 大盛り上がり

「それじゃ 初めて 俺たちが つくった 曲・・を、 演奏する前に・・・」

お前ら おぼえとけよなッ 伝説のロックバンド 疾風の 初陣を 見れたんだって 自慢させてやる」

・・・。

すべてを 手にした いま。 忘れたものを 取り戻すょうに あの日の 彼ら(自分)を見つめていた。

聴いてくれ・・・それ じゃぁ 歌います。

その 曲の名前は・・・

そぅ

<学園祭は 未来のロックバンド>


== あとがき ==

ハハッ あのフィルムを見た

俺は 苦笑いと めがしらを アツくさせていた

「なんか・・・不思議な 気持ちだね」

そぅ言うと 彼は セカすように バンドメンバーたちに

ダイヤルを 回していた、。

まるで、 気がつけば

== 亡くしたものを 取り戻すようにッ!!。 ==

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です