広告
0

『ヴァイオリン ららばい』受け継ぐ詩!。

まえがき ^^^^^^^^^^^^^^^^^

美しい音色は 子守唄にもってこい!

血は争えぬ 親子のララバイ

お眠むの時間だね さぁ、聴いておくれ

ゆりかごの中 響くヴァイに

^^^^^^^^^ 消えぬ笑顔守るために !!


『ヴァイオリン ららばい』

ヴァイオリンの音色が こだまする 夜に

世界屈指の ヴァイオリニスト 彼の名は ユイ・ムラサメ。日系3世

彼の子供が産まれ そして生まれる前から 優しく歌い続ける ヴァイオリンの音色に

赤子は すやすやと 眠りにいそしむ。

なんて 音楽家泣かせな 子供よ 君は天使 ヴァイオリンに導かれるように 天から来たね。

今夜も 子を包みこむ ヴァイの音が いつまでも 鳴り止まない。

彼は 娘に名付けた ユミ(弓)と。

ヴァイオリンを 歌わせる 弓に 重ねて。

スポンサーリンク

父である、ユイは 確信するように  言っていた

ユミは 美しい ヴァイオリニストになると・・・歳月流れ 繰り返される。

・・・弓は歌っていた ユミの手で、 そう ユイ・ムラサメにとっての 初孫

親子二代で 重ねる 二重奏に 笑顔が やまぬ 赤子の夜に 今日も明日も・・・その明日も

ヴァイオリンは 歌い続ける

そうさ 君といつでも

そう

ヴァイオリン ららばい。


あとがき ^^^^^^^^^^^^^^

ヴァイのリズム 眠気誘い

運ぶ 旋律に 歌う愛

僕らは その音を こう呼ぶんだろう

愛の 子守唄。・・・ってね ^^)/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク