0

天才と呼ぶなッ!『タクト色に染まれ』詩画ノベル

まえがき ^^^^^^^^^^^^^

世界中に散りばめられた

星屑のような 音楽家たち

明日の宝石のように 聴こえないかい?

原石の君を 呼んでいる声が

^^^^^^^^^ さぁ、タクトを振れ!

新進気鋭の指揮者 若くして マエストロの呼び声の彼 実は 天才なんです。

幼い頃から ギター ピアノ サックス ヴァイオリン さらに 嫌味さえ感じる? ドラムまで

何をやらせても(演奏) 超高校級である 自分に 逆に限界を感じていたとかで

数年間の 音楽空白期間を経て

最終的にはこの 指揮者の指揮棒 タクトに 行き着いた経歴の持ちぬし

彼と共演する 音楽家たちは 絶賛の嵐

スポンサーリンク

自分達の ポテンシャルを 高めてくれる 最高な 若きマエストロだと

この若さで 絶大なる支持を 得るには 十分すぎる ジーニアス振りなのでした

彼は言う 指揮者は 主役ではない。では 何かって?

海のように広く 太陽のように暖かい 大自然のシンフォニー それが オーケストラの全てだよ

彼の指揮を見ていた 少年は 言っていた。

それはね?

そう!

タクト色に 染まれ

🌟

あとがき ^^^^^^^^^^^^

天才ってなんだと思う?

単なる モノサシ?

彼らには彼らの悩みがあり

答えなんかでやしねぇ

^^^^^^^^^ ただ 生きるだけさ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です