広告
0

孤独な名器ッ!『抱きしめて ストラディ』

まえがき ^^^^^^^^^^^

言わずも知れた ストラディ

今回 話にでる いわく付きの 名器

きみ悪がって 誰も 近寄らぬ こいつに

相棒が見つかりそうだって?

^^^^^^^^ 始まるよ レディ?


『抱きしめて ストラディ』

ゾクゾクする 音だ これが ストラディバリ。

俺は 日本の血が流れているが 貧しく小さな国で育った。

ろくに手入れされてない 壊れかけの ヴァイオリンで 音楽を あたためてきた

腕を見込まれ 遅咲きの 英才教育を 受けるまで ストラディバリウスの 存在さえ知らなかった

なんでも 世界最高のヴァイオリンらしぃ。

スポンサーリンク

弾いてみたいとは 思わなかったが みた瞬間にわかった このヴァイが ストラディバリだって

音楽家のはしくれ 俺にも 特別な許可を いただいた

しかし このヴァイ いわく付きらしく 弾きたがる者が いなくなったんだと。

手にとってみる その瞬間 俺は 弓を重ね 弾き出していた 最高の旋律 最高な運指

正直 怖かった 今でもコワイが このヴァイ 弾く奴を選ぶ おそらく 間違いない

金にまみれた名器が 怒っているのだろぅ 楽器にも意志がある

理屈抜きに 俺は この楽器に惚れ込んでいた  「俺にこの楽器を 専属させてください」

俺はこの哀しぃ 楽器を 愛おしく 思い 不覚にも 涙がしたたり落ちた

お前も俺と一緒で 孤独だったのだろう これからは 楽しく 音楽を 奏でようぜ。なぁ!

そう

抱きしめて ストラディ。


あとがき ^^^^^^^^^

っとまぁ、世界をわかす 名器と名手に

こんな過去があったんだ。

彼は ストラディを 愛した

きっと彼(ヴァイオリン)も 同じだね!。

今日もどこかで・・・

^^^^^ 聴こえてくるよ 二人の魂が!



広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク