広告
0

日本の夏。「浴衣と 君と 線香花火 好きだよ」

まえがき ^^^^^

今日は 記念日だ。 なんの日かって?

それは・・・先を 呼んでみてね わかるから ^^)/

僕らカップルで 歩く 夜空の下

今日は 人生で 1等 最高な 最高な 夜。

^^^^^ 君と僕と 生まれてくる・・・内緒ッ!。


<「浴衣と 君と 線香花火 好きだよ」>

今日は 久しぶりに 夏祭り。

君と歩く 出店に 並ぶ 夢。夢。夢。 

少年時代 少女時代に 僕らが 忘れた あの日の夢が 僕らを導く!。

花火なんて あるよ ^^)/ 「ケイちゃん」あとで やってみようか。」「うん。」

恋人のケイ(恵子)ちゃん 俺は タクヤ、たっくん で 呼ばれている。

スポンサーリンク

「たっくん おぼえてる? 私たちが 出会った場所」「そういえば お祭りに 行った時に」

だったね。」 「浴衣って 良いわよね」日本人である 誇りや 安心感があってさぁ」

「ケイちゃん インカメラで ふたり自撮りしてみなぃ?」「今日は やめておくわッ」

少し疲れたみたい」 ・・・ たっくん 実はねッ・・・!。 わたし・・・妊娠したみたいなの」

ほんとぅかい!? ハハはッはぁはは!。ケイちゃん おめでとう ありがとう 最高だよ!!。

「ごめんよ 気がつかなくて」ちょっと待ってて? 麦茶買ってくるから。」「大げさょもぅ^^)/」

戻ってくると 彼女(ケイちゃん)は なぜか 花火に火をつけていたょ

僕は 彼女を見て 思った 心で押す シャッターに ピントを合わせて つぶやいた

そう 誰にも聴こえない 君と僕だけに 捧ぐうただょ

それはねッ!

浴衣と 君と 線香花火 好きだよ


あとがき ^^^^^

結婚って いちだい イベント。

あとは コウノトリに 任せて 愛を歌う

彼女は 一人で 悩んでいたのでしょう

僕は 君の夫だ そして これから 生まれてくる

新しい 家族のネッ!。

^^^^^ 空には 1番星が 祝福するょに 輝いている!



広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク