広告
0

『追悼は破門のタクトレス』 女性指揮者の詩 !!

まえがき ^^^^^^^^^^^^

彼女は 女性指揮者 タクトレス

そう呼ばれ 表舞台から 消えた

彼女のその後を知る者は 少ない

まさか そんなことって。

^^^^^^^ 彼女のもとに尋人。


『追悼は破門のタクトレス』

ハウアー卿が つい先日に お亡くなりになりました。

つきましては ハウアー音楽門を 御破門に なられた あなた様の 指揮をと

ハウアー様の 遺言 つかまつります。

つまりは 追悼式に 開かれる 交響楽です。 旦那様は 最後に あなたを お認めになられた。

私は そう 理解しております。

スポンサーリンク

ハウアー卿の 音楽業界に 持つ影響力は 計り知れずに、 再起不能 だと 彼女は 言われたきた

キッズたちと 指揮を楽しんだり 女性のみの 交響楽団を 作り上げようとしたり

それまでの 伝統を 重んじた 重鎮たちからは 目の上のタンコブ だったのだろぅ

彼女は 口数少なく 追悼の場に居た さぁ 選ばれし 楽団員たちと 

久しぶりに タクトを振るう・・・じゃなかった、 追悼音楽式が始まる 盛大な拍手と共に

用意された 指揮棒に 目もくれずに 彼女は 優しく 腕を 振り上げた

ハウアー卿の 最後の演奏が マエストロたちでなく 私だったとはな。

そう

追悼は破門の タクトレス。


あとがき ^^^^^^^^^

彼女を 表舞台から 消し去った

ハウアー卿 からの 遺言状

彼女は 割り切って 指揮を振る

天国の故人は どんな 気持ちだろうか?

恨む気持ちよりも そう

音楽の素晴らしさを ありがとう。

彼女は・・・

・・・そう心の中で 唱えたッ!



広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク